2009年2月7日

今日は、飯田線の伊那上郷駅のそばにあるアートハウスというギャラリーで
LEAVING FEAR BEHIND「恐怖を乗り越えて」の上映会があり、
そちらに出かけていましたので、キャンドルはお休みしました。
伊那上郷駅を降り立った時には、何人集まるんだろう、と思いましたが、
45名集まり、大盛況でした。


昨日の日記にファイヤさんが「雪の上の炎」ですね、とコメントして頂いていましたが、
僭越ながら「雪の下の炎」をもじってみました。

「雪の下の炎」は、33年間もの長きにわたる苛酷な獄中生活にもかかわらず、
強靭な精神力により決して屈することなく生き延びた著者の苦難と忍耐の物語です。
北京オリンピックが終わり、あらためてチベットをはじめとする中国国内の民族問題に
世界中の注目が注がれています。チベット僧侶であるパルデン・ギャツォさんの
想像を絶する体験記であり、そして貴重な記録です。

1998年に新潮社から刊行され、その後絶版となっていた同名作品の復刊され、
書店の店頭に並んでいます。

パルデン・ギャツォ 著 檜垣嗣子 訳 雪の下の炎 ブッキング ¥2,625

ひとりでも多くの方に読んでいただきたい作品です。

また、今年の3月下旬より渋谷アップリンク他、全国順次ロードショーされます。

同時期に、以前、紹介させて頂いた「風の馬」も同時上映されます。
こちらは10年前に制作された映画です。10年たった今も変わらないどころか
ますますひどくなるチベットの現状を映画化した作品です。

「雪の下の炎」、「風の馬」とも、多くの方に見て頂きたいです。

3月10日のチベット民族蜂起50周年にあわせてプレミア上映会が開催されます。

開催日:3月10日(火)、3月13日(金)
時間:開場18:45/開演19:00(22:00終了予定)
※17:45より受付にて整理券を配布
会場:UPLINK FACTORY(渋谷)
料金:¥2,400均一
[PR]
by candlemapping | 2009-02-08 21:39 | キャンドルおじさんのページ
<< 2009年2月8日 2009年2月6日 >>