2010年6月19日
6月19日(土)、長野市立城山小学校体育館で、
「アムネスティ・インターナショナル50周年記念希望のキャンドルキャラバンin善光寺門前」
を開催しました。

14時過ぎにアムネスティメンバーが会場入り、
1時間程遅れてCandle JUNEさんとスタッフが会場入りしました。
Candle JUNEさんとスタッフはキャンドルの準備、
アムネスティメンバーは難民に関するパネル、署名、販売、インスタント・タトゥー
の準備を始めました。

長野を訪問されていたダライ・ラマ法王に、宿泊先で、世界人権宣言30条キャンドルの
第1条のキャンドルに希望の灯りを灯して頂きました。
灯して頂いた灯りはそのままキャンドル・イベントの会場へ移動、
世界人権宣言30条キャンドルとともに、キャンドルの輪の中に設営しました。

夕方5時頃から地元の人を中心に人が集まり始め、19時からイベントを開始しました。
最初に、長野を訪問されていたチベット僧に、ダライ・ラマ法王に灯して頂いた第1条の
キャンドルの灯りから残りの29本のキャンドルに灯して頂き、読経をして頂きました。

その後は、善光寺の若麻績住職、急遽駆けつけて頂いたアルピニストの野口健さん、
長野県在住のシンガーソングライターの Yoshie さんのアコースティックなライブがあり、
今回のイベントの共催の「虹のかけ橋」の内田さんのトークの後、
最後はCandle JUNEさんの提案で、約300名の参加者がキャンドルを囲んで輪になり、
世界中の難民に思いをはせ、静かな時を過ごしました。

慣れないイベントで、直前に会場が変わったこともあり、準備はドタバタではありましたが、
心あたたまる良いイベントとなりました。

このイベントにご協力頂いたみなさん、参加して頂いたみなさんに感謝です。

写真の真ん中のキャンドルは、ダライ・ラマ法王に灯して頂いたキャンドルです。

b0139525_20331390.jpg

[PR]
by candlemapping | 2010-07-05 20:39 | キャンドルおじさんのページ
<< 2010年6月21日 野口健講演会 >>