2008年11月26日

渡辺一枝さんの「私と同じ黒い目のひと―チベット・旅の絵本」
(集英社 amazon の中古商品で¥575 より)を読み終えました。

渡辺一枝さんが実際に見聞きした、チベットでチベットの人達にしみわたる
チベット文化やチベット仏教の素晴らしさと、中国の弾圧のなかで、それらを
後世に伝えていく事の難しさが書かれています。

同じく渡辺一枝さんの「バター茶をどうぞ―蓮華の国のチベットから」
(文永堂 ¥2,100)を読んでから、次に読む事をお勧めします。

昨日、amazon から届いた
アブラム・ラストガーデン(著)戸田裕之(訳)
「チベット侵略鉄道―中国の野望とチベットの悲劇」
(集英社 ¥2,400)を読み始めました。

b0139525_23312979.jpg

[PR]
by candlemapping | 2008-11-27 23:33 | キャンドルおじさんのページ
<< 2008年11月27日 2008年11月25日 >>