<   2008年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2008年10月29日

賑やかだったコオロギの声も聞こえなくなりつつあります。

外でキャンドルライティングをしていると、季節の移り変わりをひしひしと感じます。

冬も近いですね。真っ白な雪の中でキャンドルライティングをしたらさぞや綺麗なことでしょう。

でもそれまでに解決、せめて拘束されている人が解放されるといいんですが。

b0139525_0234962.jpg

[PR]
by candlemapping | 2008-10-30 00:24 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月28日

今日はにぎやかな夜でした。

チベットサポータと2人でキャンドルライティングをしましたが、
その方が良くしゃべる方で、声も大きく、にぎやかでした。

猫も2匹そばで遊んだり、木登りをしたりしていました。

欧米人と思われる方が、興味深げにこちらを見ていましたが、
あまりのにぎやかさに、遠巻きに眺めていました。

この公園はよく海外の方も来られています。

そう言えば、以前、パキスタン人がやってきた事がありました。

英語でまくしたてるようにしゃべっていたので全部理解できたか自信はないですが、
キャンドルなんて灯が消えてしまえば何も残らないし、意味が無い、
そんな事より、神について勉強しなさい。
神は世界に一人だけで、すごく力を持っている、その力で助けてくれる、
というような事を言っていました。

その後、いろいろと考えてみました。
神、というと仏教とかけ離れた印象を持たれると思いますが、
人間一人一人の心に神(のようなもの)はいると思います。

その神(のようなもの)を、人間それぞれが本来あるべき姿に育てていけば、
世の中から、人と人、地域と地域、国と国の争いは消え、
地球の全てに平和が訪れるのではないか、と思いました。

私は、チベットサポートをしていますので、
こうしてキャンドルを灯し、お経を唱えて、チベットで亡くなられた方を静かに悼んだり、
ダライ・ラマ法王のお考えを学んだり、チベット仏教を学んだりする事で、
私の心の神(のようなもの)を本来あるべき姿に育てたいと思いました。
[PR]
by candlemapping | 2008-10-29 17:53 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月27日

お経を唱え終わったところに、この間の小学校2年生の男の子がやって来ました。
今日は、お姉ちゃん、お兄ちゃんも一緒でした。
捕まえたカエルを飼うらしく、カエルを入れた水槽に砂と水を入れていました。
「捕まえたところに帰してあげなさい。」と言いたかったのですが、
すごく嬉しそうだったので、「大事に育てて上げなさい。」と言いました。

この間あげた缶バッジはまだ持っているとの事でしたので、安心しました。
チベットサポーターに対してネガティブに思っている人もいるので、
ちょっと心配していたのですが、私とチベットの話しをした事を家で話したようで、
お姉ちゃん、お兄さんには、「このあいだ話したチベットの人。」と紹介してくれました。
ちょっと嬉しくなって、缶バッジを1つずつとチベット問題を簡単に纏めたチラシをあげました。

少しずつですが、一般の人へのチベット問題への認識が広がっていくといいと思います。

b0139525_863954.jpg

[PR]
by candlemapping | 2008-10-28 08:07 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月26日

今日は、パシフィコ横浜で開催されていた国際フェスタが終った後、
チベット交流会と SFTJ の合同で打ち上げをしましたので、
キャンドルライティングはお休みしてしまいました。

打ち上げの時、隣に座っていたチベットサポーターの女の子は
僕の長男より若く、皆から、「親子みたい。」と冷やかされました。

でも、世代を超えて、同じ目標に向けて行動する、というのは良い事だと思います。
[PR]
by candlemapping | 2008-10-27 16:16 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月25日

今日は、パシフィコ横浜で開催されている国際フェスタの帰りに、
一緒にチベット交流会のお手伝いをしていた方とキャンドルライティングをしました。

ちょっと遅かったので、般若心経だけ唱えた後、雑談をして帰りました。

いつもの一人のキャンドルライティングと違い、二人だったので、
楽しさのあまり、写真を撮るのを忘れてしまいました。
[PR]
by candlemapping | 2008-10-27 16:11 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月24日

キャンドルライティングを始めようとしていたら、30代くらいの女性がやって来ました。

「日本語わかりますか?」

と聞かれたので、

「わかります。」

と答えました。
そうしたら、

「小学生の男の子が来ませんでしたか?」

と聞かれました。

「今来たばかりなので見かけていません。見かけたら、
『お母さんが探していたからここで待っていなさい。』
と言います。」

と答えました。

「親子喧嘩で飛び出して行ってしまったんです。」

と帰っていかれました。

無事に一緒になれたかなぁ。

親子といっても違う人間なのだから、意見や考え方が違う事もあるでしょう。
そういう時、喧嘩をして、暫くして仲直り。
そういう事の繰り返しで親子の絆は深まっていくのでしょう。

親子がはなればなれだと、そういう事も出来ないですね。

親の元を巣立っていくまでは、全ての親子が一緒に生活出来る。

子供が一番最初に出会う、一番身近な大人との、ぶつかりあい、助け合い。
楽しい時、悲しい時、嬉しい時、悔しい時、一緒に笑い、泣き、喜び、怒る。
世界中の親子、家族がそうやって暮らしていける。

そういう世界を実現したいと思います。

b0139525_019417.jpg

[PR]
by candlemapping | 2008-10-26 00:33 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月23日

今日は雨でした。

キャンドルライティングで使用しているキャンドルですが、
自分で購入したもの、イベントの余りを頂いたもの、お土産で頂いたもの、さまざまです。

人から頂いたキャンドルでキャンドルライティングをしていると、
その人と一緒にキャンドルをしている気分になる事があります。
このあいだ、タイに旅行した方から頂いたキャンドルが、
残りあとわずかになってきました。あと1週間もたないかも。
寂しくなります。
b0139525_13485310.jpg

[PR]
by candlemapping | 2008-10-24 13:49 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月22日

今日も大分遅くなりました。公園には 21:30 頃に到着しました。

公園に向かっている時、20人くらい集まっているのが見えました。
「今日は賑やかなキャンドルライティングだなぁ~」と思っていたら、全く違う団体でした。
20代から30代くらいの主に男性が集まって、なにやら打合せをしていました。
ちょっと恐かったので、しばらく遠巻きに様子を伺っていました。

我々もデモの時など、公園にそうやって集まりますが、関係の無い、一般の人達からはそういう風に見えているのかなぁ。

集まった時の言動には気をつけたいですね。

b0139525_1627669.jpg

[PR]
by candlemapping | 2008-10-23 16:27 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月21日

今日は仕事で遅くなってしまいました。
公園に着いたのが21:00過ぎで、22:00頃までキャンドルライティングをしました。

昨日の小学生が今日も来てみて、がっかりしていないといいな。
また、もし、今日来て頂いた方がいたらごめんなさい。

b0139525_935395.jpg

[PR]
by candlemapping | 2008-10-22 09:35 | キャンドルおじさんのページ
2008年10月20日

今日はおかあさんがスペイン人、おとうさんが日本人の小学校2年生の男の子と
日本人の小学校3年生の男の子の3人でキャンドルライティングをしました。

合掌してお祈りをしたあと、チベットの話を1時間くらいしていました。
すごく熱心に、いろいろ質問しながら聞いていました。

帰りに缶バッチと、チベット問題を簡単に纏めたチラシをあげました。
[PR]
by candlemapping | 2008-10-21 11:19 | キャンドルおじさんのページ